文字サイズ

レストランイベント『戦国武将物語』~5月~

2022.05.20

お知らせ

4月からスタートしたレストランイベント『戦国武将物語』

5月は、仙台の武将“伊達政宗🌙”

 

伊達政宗は戦国大名きってのグルメで、料理研究家だったそうです!!

当時としてはなかなか珍しい人物だったのではないでしょうか?!

 

 

そんな伊達政宗の治めた宮城県の郷土料理をご用意!!

献立は、鶏肉の仙台味噌焼き、茄子のずんだがけ、高野豆腐とわかめの炊き合わせ、炊き込みご飯、おくずがけです。

“仙台味噌”はあまり聞いたことがなかったのですが、やはり九州の味噌とはひと味違いますね!

宮城県が生産量1位のパプリカを添えてあり、見た目も鮮やかで、箸が進みます!!

“ずんだ”はスイーツで食すことはあっても、副菜としてお出しするのは初めてでした。おかず系ずんだも美味しいですね!!

 

“炊き込みご飯”はタケノコとそら豆の炊き込みご飯に桜エビを散らしました。半月型のタケノコで、伊達政宗のトレードマークである“三日月の兜”を、そら豆で独眼竜所以の“眼帯”をイメージしたそうです( *´艸`)

“おくずかけ”もなかなか馴染みのない汁もので、やさしいとろみのついた、素朴な味わいの汁ものでした。

 

ご入居者の皆さまも遠い仙台の郷土料理を、存分に堪能されていました!

次の武将は誰でしょう!!楽しみですね!!(*^▽^*)